犬ターネット
ツバメスタジオに猫グッズを納品しギターを弾いた、真空管も買った(JJ の EL84)
2015年07月19日 #猫 #amp #購入メモ

ツバメスタジオ君島さんのご厚意でスタジオでギターを弾かせてもらえることになり、ギターとニャン太郎オレンジを抱えてツバメスタジオに行ってきた。

個人的に作った猫グッズを君島さんに納品、無人販売所に並べてもらった。シールは無料、バッヂは100円です。

その後、ニャン太郎オレンジのサウンドチェックを開始。

初めてニャン太郎オレンジを鳴らしたんだけど、普段使っているジャズコーラスよりも断然「ギター」って感じの音がする。思っていたより音量も大きいし普通のライブハウスだったら全然問題ないなこれ。

と、ここで君島さんが「真空管いろいろ変えてみよっか」っつって、5,6種類の真空管を持ってきてくれていろいろ変えながら試すことができた!うひょーん!

真空管アンプのことをあまり分かっていない俺に君島さんがいろいろ教えてくれたからその内容を箇条書きしておく。

プリ管をニャン太郎オレンジにくっついてたものからいろいろ変えていったんだけど、キャラクターが驚くほど変わる。まるで別の楽器を弾いてるみたいだ。

国産(MATSUSHITA)のものにしたら血肉わき踊る音になったし、OSRUM 魚頭さんも使っているものにしたらキラッキラのギラッギラになって10時間くらいずっと弾いていたいすげー音になった(※その後ニャン太郎オレンジにくっついていたプリ管に戻したらあまりの音色の差に心底落ち込んだ)

昔LANEYのアンプ使ってた頃は真空管なんてタダの増幅パーツだろって全然気にしていなかった俺にとって、真空管でこんなに音が変わるなんて本当にカルチャーショックだった。どおりでみんなこだわりだすわけだわ… ぬはー…

ツバメスタジオでいっぱいギター弾かせてもらって、コーヒーと杏仁豆腐まで頂いて、なんかもうすみませんすみませんという感じでした。

帰りに君島さんに教えてもらった秋葉原のお店でパワー管(JJ の EL84)を買った。まずはこいつで出口を整えてプリ管をいろいろ試していこうと思う。


サウンドチェックをつらつらと
あいつの缶バッヂを作った