犬ターネット
ELECTRO-HARMONIX Bass Soul Food
2017年10月05日 #購入メモ #エフェクター

大好きなオーバードライブのひとつ、エレハモの Soul Food。そのベース版があったので買った。といっても俺が使うわけではなくて、ベースのアサミに使わせようと思っている。

アサミのベースの音は、ベース本体なのか、サンズアンプのせいなのか、そういうセッティングが好きなのか(きっとその全部だろうけれど)、ハイとローが強くミドルが抑え目のいわゆるドンシャリバキバキ系。そのため、バンド全体で音を出すとベースのピッキング音がシンバルやギターに埋もれてしまって、せっかくのブリブリフレーズが聞き取りにくくなることが多い。

音量を上げれば解決する話でもない。音が大きいほどバンド全体のアンサンブルコントロールが難しくなって、各楽器が何をしているのかわかりにくくなる。ダイナミクスを無視した勢いだけの轟音バンドをやっているわけじゃないから、その辺りはシビアにいきたい。適切な音量と鳴らす帯域をちゃんと考えよう。自己満足な音作りはそろそろ卒業しないと…。

そんで、Bass Soul Food。これを使えばオーバードライブによりアタックが抑えられミドルに張りが出て「ヌケ」がよくなるのではと考えている。製品レビューにも「原音を損なわずふっくらさせてくれる」「高音のザラついた歪みではなくミッドローあたりの歪みでとても使い易い」とあり期待できそうだ。MXR の MicroAmp にも似ているかもしれないけれど、こっちのほうが音作りの幅は広いと思う。

はやく使いたい(使わせたい)。次のスタジオが楽しみだ。


ミニスーファミを買った
気をつけてね