犬ターネット

mugbum at club251, tuco at LIVEHOLIC

2017-10-02 band live tuco

昨日は下北沢 club251 で mugbum のライブでした。観にきてくれた皆様ありがとうございました。

club251 は昔ながらのライブハウスっぽさがある結構大き目のハコ。ライブハウスには珍しい Marshall 1959 という名ギターアンプもあった。ので使ってみた。

下の写真は 1959 のボリュームつまみ。LOUDNESS1で高域、LOUDNESS2で低域をコントロールする。10段階のうちの2にも達していないこの段階でもうメチャクチャうるさいんだけど、分厚いうえにシャキッと抜けが良くてほんとに良いアンプ…。

ライブ後は知人数名と近くの串カツ屋で打ち上げ。ライブ良かったよと褒められた。昔は「いやいやまだまだっす~」とか謙遜してたんだけど、最近は褒められたら素直に受けとることにしている。その方がお互い気分がいい。今後の課題は、ロックミュージシャンは痩せているべきとの考えから脱いでも大丈夫な体作りおよび、ベースの音の分離みたいな話をした。

3時間くらい打ち上げをして案の定、泥酔。風景がグルグルするなか LIVEHOLIC に tuco を観に行く。tuco は芯が通っていて安定感がある。音源もゲットできた。

演奏終了後に tuco のメンバーとちょっとお話してから LIVEHOLIC をあとにする。この辺りから記憶が断片的…。電車に乗った記憶はない。自宅で夕飯を食べた記憶はある。風呂と洗濯物を干した記憶はない(風呂も入って洗濯物も干していた)。もう中年なんだからしっかりしないといけない…。

One Control のエフェクターを売った
ロック・ポップスを演奏する場合のリズムに関するめちゃくちゃよいテキスト