犬ターネット

CentOS の MongoDB 2.6.9 を MongoDB 3.0.1 にアップデートした

2015-03-31 mongodb

参照するリポジトリを変更 → yum update → mongod 再起動で OKなんだけど、一応メモ。

まずは念のためにバックアップを取る。

# cd /path/to/
# mongodump --username ユーザ名 --password パスワード --db データベース名

mongod を止める。

# service mongod stop

repo ファイルを作成する(参考:Install MongoDB on Red Hat Enterprise or CentOS Linux — MongoDB Manual)。

# vim /etc/yum.repos.d/mongodb-org-3.0.repo
[mongodb-org-3.0]
name=MongoDB Repository
baseurl=http://repo.mongodb.org/yum/redhat/$releasever/mongodb-org/3.0/x86_64/
gpgcheck=0
enabled=1

もともとあった repo ファイルは enabled=0 に変更。

# vim /etc/yum.repos.d/mongodb.repo
[mongodb]
name=MongoDB Repository
baseurl=http://downloads-distro.mongodb.org/repo/redhat/os/x86_64/
gpgcheck=0
enabled=0

yum clean all → yum check-update。アップデート対象に mongodb 3.0.1-1 が表示された。

# yum clean all; yum check-update
…
mongodb-org.x86_64         3.0.1-1.el6  mongodb-org-3.0
mongodb-org-mongos.x86_64  3.0.1-1.el6  mongodb-org-3.0
mongodb-org-server.x86_64  3.0.1-1.el6  mongodb-org-3.0
mongodb-org-shell.x86_64   3.0.1-1.el6  mongodb-org-3.0
mongodb-org-tools.x86_64   3.0.1-1.el6  mongodb-org-3.0

yum update 実行。

# yum update

終わったら mongod 起動して終了。

# service mongod start
ランニング2回目
ジョンスリコンピのプレイリストをテキスト化した