犬ターネット

VMware vCenter Converter Statndalone を使って CentOS サーバを移行するメモ

2020-12-17 vmware centos

192.168.3.60 の VMWare CentOS6 サーバを 192.168.4.60 に移行するメモ。

------

まず 192.168.3.60 を止める(※192.168.3.xxx と 192.168.4.xxx がネットワーク的につながっていれば、止めなくても移行できるはず。今回はつながっていないので一旦止めた)

VMware vCenter Converter Statndalone を起動。

指示に従って実行、移行が終わるまでしばらく待つ。

完了したら VMWare ESXi 管理画面 から 192.168.4.60 を起動。

192.168.4.60ネットワーク情報(HWADDR、IPADDR、GATEWAYなど)を環境に合わせて修正。HWADDR は VMWare ESXi 管理画面の VM Network から確認できる。

vim /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
HWADDR=00:0C:29:XX:XX:XX
IPADDR=192.168.3.60
GATEWAY=192.168.3.1
↓
HWADDR=00:0C:29:YY:YY:YY
IPADDR=192.168.4.60
GATEWAY=192.168.4.1

ネットワーク再起動。しかしエラー発生、、、

service network restart
Error: Connection activation failed: the connection is not for this debice.

https://community.spiceworks.com/topic/2210369-centos-migration-nic-connection-issue を参考に以下作業。

# ネットワーク関連ファイルをバックアップ
cp -a /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules /root/work/sysconfig-bak/
cp -a /etc/sysconfig/networking/devices/ifcfg-eth0 /root/work/sysconfig-bak/ ←これなかった
cp -a /etc/sysconfig/networking/profiles/default/ifcfg-eth0 /root/work/sysconfig-bak/ ←これなかった
cp -a /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 /root/work/sysconfig-bak/

# 以下ファイルをリネーム
mv /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules /etc/udev/rules.d/bak70-persistent-net.rules
mv /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 /etc/sysconfig/network-scripts/bakifcfg-eth0

# OS再起動
reboot

# リネームしたファイルをもとに戻す
mv /etc/udev/rules.d/bak70-persistent-net.rules /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
mv /etc/sysconfig/network-scripts/bakifcfg-eth0 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

# ネットワーク再起動
service network restart

無事移行完了。

今年の総括
VSCode「gitリポジトリにはアクティブな変更が多すぎます」警告を無視する