犬ターネット

mugbum presents "cellardoor" at hisomine

2019-11-17 live

mugbum を始めて5年経ったということで、昨日初めて自分たちで企画ライブを行いました。

以下、ざっと感想。

tuco

1番目 tuco。何度かライブを観てはいるけれどメンバーチェンジを経て現体制になってからは初。どう変化しているのかなあと楽しみにしてたら、演奏やパフォーマンスも含めて完全にネクストレベルになっていた。曲の深みが増したのはギターアンサンブルの影響がありそう。ラストの曲で轟音フェーズに移行したときの無敵感といったらもう。ギターボーカルのテツカさん何度も帽子飛ばしてたな…。拾いに行こうかな…と思ったけどほっといた。写真はそのときの轟音&帽子を吹っ飛ばしてるところ。

corner of kanto

2番目 corner of kanto。クリーントーンと隙間をうまく使った展開、難解なリズムとメロディを滑らかに聴かせる卓越したスキル。ライブを観るのは久々だけどやっぱりこの人達すげえ。近くで観ていた知人はライブ中に「コーナーオブカントーいいね」とメールしてきた。なぜメール。俺も「でしょ!」と返信したけど。新曲も聞けたし面白い(やばい?)話も聞けたし大変満足。来年にナイスな企画を企んでるらしいですよ。写真は新曲演奏中のカントー。

Convex Level

3番目 Convex Level。俺はコンベックスレベル大好きおじさん。そう、ただのファンです。そんなただのファンが彼らと同じステージに立てちゃうなんてマジで夢のようでした。バンドやってて本当によかった。2人編成になったとはいえ曲のクオリティや玄人好みの展開は相変わらず最高だし、MCの度に「これはポリスの曲、ではなくコンベックスレベルの曲」「これはドッケンの曲、ではなく(略)」で苦笑だし、ラストはギター投げるし、それ全部俺の目の前の出来事だし、はあ、思い出したらまたなんかこみ上げてきた。泣いていいですか?ちなみに今回のライブでは俺の大好きな human receiver って曲を演奏してくれたんですが、リハのときギターボーカルの渡辺さんから「ムグさん、つかぬことをお聞きしますが……、human receiver のあそこのコード進行わかる…?」と聞かれたのでその場で耳コピをして確認しあった、という出来事がありました(※ムグバン組んだときに最初に課題曲として練習したのが human receiver なんですよ)。ごめんなさい、やっぱり泣きますね。写真は渡辺さんがギターを投げる前。

mugbum

楽しかった。ただただ楽しかった。また企画やりたい。しばらく余韻に浸ろうと思います…。自分達の写真がないので打ち上げの鳥貴族で飲んだメガハイボールをどうぞ…。

アナと雪の女王2、カラオケ
始まれば終わる