犬ターネット

IQ FINAL、脳内麻薬?

2019-03-18 日記

週末の日記。

土曜

PS3 でダウンロード購入した IQ FINAL をクリアした。20年くらい前にバイト先にプレステを持ち込んでずっとやっていたなあ。雰囲気も音楽もよくとてもおもしろいゲームだと思う。

日曜

夜に10キロランニング。5キロ走ったあたりで歩道いっぱいに広がって歩いている団体がいたので、車道に避けようとしたら縁石につまづいた。つまづいた瞬間(アスファルトだ)(絶対痛い)(手ついたら捻る)(頭ぶつけたらやだ)という思いと共にグラップラー刃牙の以下の画像が頭をよぎった。五接地転回法。

そしたらうまい具合に地面をゴロゴロと転がり、そのまま立ち上がり、何事もなかったかのように走り始めることができた。おれスゲー。でも人前で転ぶのってかなり恥ずかしい。あの団体、絶対に俺のこと笑ってるはず。

恥ずかしかったので、スピードを上げてその場を走り去ったんだけど、なぜかその後は全然息苦しくならず、足取りもすごく軽い。あれ、俺ってこんなスピードで走れたっけ?結局そのままのスピードで残りの5キロを駆け抜けた。

普段のランニングでは1キロ5分40秒くらいで走るんだけど、今回のラップタイムを確認したら後半5キロに限っては1キロ5分切る感じで走っていた。身の危険や恥ずかしさといったメンタル面の刺激によって、もしかしたら脳内麻薬ってやつが出ていたのかもしれない。メンタルとフィジカルって密に結びついているんだなと実感した。

でも今朝起きたら足が張っていた。身体はついていけなかったらしい…。

今年で5年
シャッフルビートの打ち込み