犬ターネット

sysstat をソースコンパイルしてインストール

2018-10-02 unix sysstat

CentOS に sysstat をソースコンパイルし起動確認するまでのメモ。訳あってちょっと古めの sysstat を入れた。まずはダウンロードしてコンパイル&インストール。

cd /usr/local/src
wget http://pagesperso-orange.fr/sebastien.godard/sysstat-11.0.8.tar.xz
xz -dv sysstat-11.0.8.tar.xz
tar xvf sysstat-11.0.8.tar
cd sysstat-11.0.8
./configure
make
make install

ディフォルトだと7日分しかログ保存しないので延長する。

vim /etc/sysconfig/sysstat

#HISTORY=7
HISTORY=25

sysstat の自動起動設定。

cp sysstat /etc/rc.d/init.d/
chkconfig --add sysstat
chkconfig --list sysstat

sysstat 起動。

service sysstat start

crontab に登録して定期実行。設定内容は sysstat-11.0.8/cron/sysstat.crond を参考にした。2分に1回起動。

crontab -e

*/2 * * * * /usr/local/lib64/sa/sa1 1 1
53 23 * * * /usr/local/lib64/sa/sa2 -A

最後に sar コマンドを実行して何かしら結果が出ればOK。

mugbum live at FIREBIRD、ちゃお、スーパーマリオワールド
ヨシヒコ、スタジオ、10周年