犬ターネット

煙草いろいろ

2016-09-29 健康

国立がんセンターが JT に超怒っている記事をみかけた。

受動喫煙と肺がんに関するJTコメントへの見解 << 国立がん研究センターについて

JT の『受動喫煙は迷惑をかけるからまわりに気配り、思いやりを』に対し『迷惑や気配り、思いやりの問題ではなく「健康被害」「他者危害」の問題』と一蹴。受動喫煙と肺がんとの関係は確実なのにグダグダ言ってたら、そりゃ怒るよな。

----

喫煙者は悪だ!死ね!みたいな論調はちょっと嫌だな。今はもう吸わないけれど昔は俺も喫煙者だったし煙草の美味しさもわかっている。食後や空気の澄んだ場所で吸う一服は至福だよね。

----

普段は煙草を吸わない探偵。しかし事件を引き受けると煙草ケースに煙草を1本しまう。そして事件を解決し自宅に戻ると、ケースから煙草を取り出し、火をつけ、煙を肺に吸い込み、ゆっくりと吐き出す。ああ、至福の時間。

貫井徳郎の小説だったかな、忘れちゃったけど。そんな描写をふと思い出した。

定年退職して自由になったら、1日の終わりに1本だけ吸うスタイルでまた喫煙者に戻ろうかなと検討中。

君の名は。、ハイボール、寝る
夏風邪?