犬ターネット

マラソンしてきた

2016-01-26 健康

先日の日曜、人生初の マラソン大会 に出場してきた。走った距離は10キロ。

インターネット大好きインドア人間な俺がなぜマラソン大会への参加を決断したかというと、この大会に HNK の気象予報士として不動の人気を誇る 井田寛子 さん(通称:寛子嬢)が招待選手として出場するからである。つうことで、俺の参加理由は超不純。でも人間ってそういうもんだろう。

------

さて大会当日。朝7時半に最寄駅に到着、会場まで1キロほどの距離を徒歩で移動。しかし寒い…。シラサギも寒さのせいか動かずにジッと固まっている。

会場に到着してすぐに受付を済ませてゼッケンを受け取ったあと、縁あって一緒に走ることになった スギモト のモッチさん(左)と合流。モッチさんの参加理由も同じく超不純。俺たち不純ブラザーズ。

そうこうしている間に開会式がはじまった。来賓挨拶が行われる中、モッチさんがいち早く寛子嬢を発見。人ごみをかき分け先頭に躍り出て、寛子嬢の写真や動画を撮りまくり、寛子嬢ファンの方に送りつけて自慢した。

開始が近づいてきたのでスタート地点に移動。寛子嬢は先頭で柔軟などしていた。うおー美しい…。一緒にスタートしたかったんだけど、ビギナーは後ろに行けコラとベテランからの無言の圧力を喰らったため後方に移動。

吹奏楽団のファンファーレが鳴り響き、9時ぴったりにスタート。わーほんとにマラソンっぽい。いつも夜中にランニングしていたから、昼間に走るのはすごく新鮮、遠くまで良く見えて気持ちいい。

走り始めてしばらくしてモッチさんと合流。とりあえず寛子嬢を追いかけよう!ということで2人してスタスタと走ること2,3キロ、ついに寛子嬢をロックオン!

寛子嬢、招待選手だけあって軽快な走り。伴走の方と話したり声援に応える余裕もある。いっぽう俺はついていくだけで精いっぱい。8キロあたりまではなんとかがんばったんだけど、ジワリジワリと離された。モッチさんは気合でついていった。あとは頼んだモッチさん…

もうダメ足痛い苦しい歩きたいよーってなったとき、沿道のおばちゃんが「あと1キロ!がんばって!」と応援してくれた。不思議なもので応援をもらったら気持ちがアガった。足はアガらなかったけど。おばちゃんありがとう。

ヘトヘトゼエゼエヒーヒーになりながらもなんとかゴール、すると寛子嬢がゴールで待っていてくれた!握手してもらおうと手を出したら、寛子嬢はハイタッチをしたかったらしく、なんかよくわからないグチャっとしたハイタッチになってしまった。10キロ完走後の寛子嬢の手は冷たく無骨な感じだった。(撮影:モッチさん)

モッチさんと記念写真。モッチさんは49分、俺は50分で完走。順位は700人中の240番くらい。初マラソンにしてはまあまあなのではないか。これもきっと寛子嬢のおかげだ。来年もまた走りにこよう(寛子嬢が走るなら)。

薬すげー
mugbum rec memo Day4 (2016-01-16)