犬ターネット

Archive : 2015年06月

病気の終わり、健康の始まり

検査のため通院。結果は異常なし。とりあえず一安心。

昔は病院なんかいかなくても治る!!自然治癒万歳!!!と思っていたんだけどアラフォーになった途端に治らなくなりますね。あと痩せない。

みなさんも健康と太りすぎには留意しましょう。何食っても太らないのは経験上32歳まで。それ以降はそれなりに足掻かないと一瞬で太るから覚悟しよう。


頻便

以前は2,3日に1回だったうんこが1日に5回くらい出るようになってしまった。

ご飯食べたり飲みもの飲んだりするとすぐ便意がきてトイレに駆け込む。

ゲリしてるわけじゃないし普通のうんちだから別にいいんだけど、それにしても出過ぎる。

この前処方された抗生剤のせいで腸内環境がものすごく整っちゃったんだろうか…


昨日は誕生日だった

インターネットの人たちがネタ画像と共にお祝いしてくれた。おもしろかった。

家に帰ったら妻特製ローストビーフが待っていた。おいしかった。

食後は俺の好きなチーズケーキが用意されていて娘がハッピバースデーを歌ってくれた。うれしかった。

娘が生まれてからはホテルでディナーみたいな派手な誕生日を迎えることはなくなったけれど、幸せの度合いってお金かけたかどうかじゃないよな、と普通に実感した。

幸せな一日だった。みんなありがとう!


溶連菌

先週病院で検査してもらった結果を聞きに行った。そしたら溶連菌が検出された。微熱が続いたりリンパコリコリして調子悪かったのはどうもそのせいらしい。

溶連菌は通常こどもが感染するんだけどまれに大人も感染、でも薬を飲めばすぐよくなるとのこと。

確かに先週処方された抗生剤を飲んだ次の日にはもうリンパコリコリがなくなって体調がすこぶるよくなった。つってもまだ完全に治ったわけじゃないからまだしばらく抗生剤を飲まないとダメらしい。まあ、薬飲むだけだから楽か…

安心したからいつものカレー屋でバターチキンカレー食べて出社した。

バターチキンカレー


新曲合わせ

今日はムグバンのスタジオ。3日くらい前にできた新曲を何度も練習した。

新曲の様子。録音レベル間違ってバリバリ伝説になってしまった。

https://youtu.be/JwD-tXF066A

スタジオ後は近くにあるいつもの居酒屋へ。

ダークナイトは最高だから絶対に観たほうがいい、とドラムに説教した。


ギターのセッティングが決まんない

この前ひとりでスタジオ入ったときは、

ギター → MXR micro amp歪み → ギターアンプ

がいいなと思ったんだけど、今日は

ギター → 歪みMXR micro amp → ギターアンプ

のほうがしっくりきた。

歪み系をディストーションからオーバードライブに変えたってのもあるんだけど、なんかも死ぬまでギターのセッティングで悩みそう。

趣味で死ぬまで悩めるのはむしろいい事かもしれない。

とりあえずエフェクターはこれ以上繋がないように気をつけないと…。わけわからなくなる。


ニャン太郎シールを作った

昼散歩するとたまに出会う猫、通称「ニャン太郎」。

のシールを作った。

思っていたよりも金色な仕上がり。縁起がよさそうですね。

欲しいと言ってくれた酔狂な方が数名おりましたので送りつけました。あとはどっかパブリックなところにおかせてもらうかもしれないし、ムグバンの物販で配布するかもしれない(ムグバンは物販で売るものがない)。


ファイル単位でのアクセス拒否は Files ディレクティブを使う

apache でディレクトリ単位アクセス拒否はよく書くんだけど、ファイル単位アクセス拒否はあまり書かないからメモ。

https://gist.github.com/mgng/8017cf34157aa896eed8

ちなみに test.php が存在しない場合、404 Not Found ではなく 403 Forbidden が返される。


体調悪三郎

昨日、朝起きたら胃がムカムカしていて吐いた。直後に便意がきて下痢。悪寒もする。でも納品しなきゃいけない仕事があったから頑張って会社へ。

午前中に納品を終えたけど悪寒がどんどんひどくなってきた。つらすぎて会社の応接室のソファでしばらく横になったけど全然よくならない。早退した。

昼過ぎに帰宅、そのまま夕方まで気絶。仕事から帰ってきた妻に起こされて熱を測ると38.3度。昼間よりは下がったかも。

食欲はあるし吐き気もないからウイルス性じゃないだろということで軽く食事をしてバファリン飲んで夜9時に寝た。

今朝起きたら平熱に下がっていた。腹痛も吐き気もなし。とりあえず大丈夫そうだ。

------

ここ最近体調を崩すことが多い。原因はよくわからん。加齢か?いやだね。


Tシャツ買ったりプレゼントもらったりスタジオ行ったり

2014年度最高アルバムの呼び声高い「Soar, Kiss The Moon」でおなじみルミナスオレンジのTシャツを通販で買った。妻に「またそっち系なの…」と呆れられた。バンドTシャツ好きなんだもん仕方ないよ…

俺の誕生日が近いってことで人生初のランニングシューズをプレゼントしてもらった。さっそく履いてコンビニまで行ってきたけどものすごい軽いしかかとがふわっふわだしなんだこりゃ… もっと早く買っときゃよかった…

んで、いつものように1人でスタジオに行った。いつも使ってるJC-120がなんか調子悪三郎だったので今日はマーシャルを使った。新曲のオケを流して弾いて歌う練習したけどなんかキーが低すぎる…まあいいか…

ここんとこ微熱続きで体調がすぐれなかったんだけど、スタジオ行ってギターかき鳴らして汗かいたら調子よくなった。ギター最高。


LINE をはじめた

いろいろあって LINE をはじめた。

アドレス帳を非同期、メールアドレス登録、電話番号認証、と進めてアカウントが有効になった瞬間、保育園関係の保護者の方から「よろしくお願いします!」とメッセージが飛んできてビビった。

どうやら以下のケースを満たすと相手に自分のアカウントがバレてしまう模様。

  1. 相手が自分の電話番号を知っている
  2. 相手が LINE とアドレス帳を同期している
  3. 自分の LINE のプライバシー設定「メッセージ受信拒否」が OFF

1 は仕方ない。2 もリテラシー高い人ばかりじゃないから残念だけど諦める。問題は 3 で、LINE インストール時の「メッセージ受信拒否」ディフォルト設定がOFFで、誰でも俺にメッセージを送れる状態になっていた。

こっそりはじめたかったのにこのせいでアカウントがバレた。俺もいい大人だからブロックしたりはしないけど、出鼻をくじかれた感じ… まあいいや…

とりあえず上尾のゆるキャラ「アッピー」のスタンプを買った。アッピーは茄子ではない。


足の付け根の痛み

左足付け根のあたりにずっと違和感を感じていて、今朝触ったらコリコリしてるし超痛いし心配になったから「股関節 リンパ 痛み」で調べたら「淋病、梅毒、悪性リンパ腫」って検索結果が出てきて超怖くなったから速攻で病院に行った。

とりあえず内科を受診。先生に症状を伝えると「あー、そのシコリが既に大きくなっていたら大問題だね」って言われて(あ、もうダメかも)と人生諦めモードに突入。

ズボン脱いでベッドに横になってと言われ、言われるがままズボンを脱いで横になった。先生が何も言わずパンツをずりっと下げてちんぽこ丸出しになったんだけど、人生諦めモードだったから全然恥ずかしくなかった。ちんぽこを出しながら、頼む、なんとか治してくれ、という気持ちでいっぱいだった。

先生が触診しはじめた。触っただけで超激痛が走るポイントをグイグイおされて、あっ…あっ…あっ…、と悶絶した。

「ふーん、リンパじゃないね、腱だわね。腱が痛んでるかもね。なんか運動とかしてる?」

あ、最近ランニングはじめました

「ふーん。しばらくランニングやめておとなしくしてようね」

あ、はい

「お大事に」

------

バターチキンカレー食べて出社した。


イヤホン耳栓について

この前のライブの話。

ステージの中がギャーギャーブリブリシャンシャンドコドコ超うるさい、自分の声もよく聞えない、とにかくワケがわからん。という感じだった。

昔はギターだけ弾いてればよかったし中の音なんてほとんど気にしてなかったけれど、いざ自分で歌うとなるとモニター環境には本当に気をつかわなきゃいけないことがよーーくわかった。

------

話は変わり。

俺はライブハウスに行くと耳の保護のためにイヤホンを耳栓代わりに使ってるんだけど、このイヤホンが優秀で、音質をさほど変えず音量だけ落としてくれる。耳の顔がわについてるでっぱり(「耳珠(じじゅ)」って呼ぶらしい)を指で押さえて耳穴をふさぐと音質変わらずに音量小さくなるあの感じをこのイヤホンは提供してくれるのだ。

------

そんで、昨日スタジオでそのことをふと思い出してイヤホンしたままギター弾いて歌ってみたんだけど、いやーとにかく超よく聞こえる。

音が耳に痛くないのはもちろん、耳栓してはじめて「ギターの音割れまくってる… ショッボ…」って気づいたし、自分の声だってマイク通さずともそこそこ聞える。そういや volume dealers の轟音ギターボーカル・テツロウさんも演奏前に必ず耳栓をしていた記憶が。

よく「日本のライブハウスは中音も外音もデカすぎる」って記事を目にするんだけど、それはまあ爆音至上主義とか低音でキンタマ揺さぶるくらいじゃないとダメとかいろんな意見があるだろうからおいといて、デカすぎる音だと相当たくさんのものがマスキング?されてしまうんだと思った。きちんとモニターするには爆音ダメ!ゼッタイ!ということにこの歳にして気づいたのであった。

------

つうことで次のライブではイヤホン耳栓しようと思う。イヤホンコードぷらぷらさせながら頑張ります。


YAMAHA SG-1000 と JC-120 との付き合い方

一人でスタジオ行ってギターを弾き毟ってきた。

この前のライブで「出音がイマイチ…」と言われたから録音聴いてみたんだけど確かにイマイチ…。なので今日はセッティングをあれこれ試行錯誤。とりあえず以下に落ち着いた。

YAMAHA SG-1000
↓
MXR micro amp 11~12時
↓
歪み系
↓
JC-120 CH-2:Low / BRI:off / Vol:2~3 / TREBLE:5 / MIDDLE:5 / BASS:3~4 / DISTORTION:1(スイッチオンのみ)

JC-120 はどこにでも置いてあるから使うことを前提として… 俺の場合の音作りの肝は以下3点な気がする。

  • EQ を 5より上げない
    • EQ を 5 以上にすると音が割れ出すから5以下で調整する。
  • DISTORTION をオン
    • アタック音が痛いから DISTORTION をオンにしてアタックをつぶす。
  • MXR micro amp を 11~12時
    • DISTORTION オンでハイが落ちた分、MXR micro amp を経由して音に色付けする。ただし12時を超えるとブーミーになるから注意。

このセッティングでしばらく弾いてたんだけど、歪み系の「ノリ」もいいし変につぶれたりしないしSG-1000特有のシャキシャキした音もまあまあ聴こえる。ひとまずこれで様子をみていこう…

------

超いい機材使っても下手な人が弾けばそれなりの音しか出ないし、5000円のギター+アンプ直でも味のあるギターを弾く人だっている。とどのつまり楽器の出音の良し悪しの9割は弾き手で決まるんだけど、もうかれこれ20年以上もギター触ってるし一応普通よりは弾けるはずだし、そろそろある程度の機材を使ってある程度の音作りをしていかないとな… と思い始めた37の夏。あ、もうすぐ38か…

つうかギターって何がいい音で何が悪い音かよくわかんないわ… シェラックのギターの音って超ギッチョンギッチョンだけど超かっこいいよね…


One Control Strawberry Red Over Drive

ディストーションとプリアンプはあるけどオーバードライブがないじゃん、っつうことで買った。赤くてかわいい…箱もかわいい…うふふ…

スタジオの大きいギターアンプで音出したかったけどとりあえず GarageBand で我慢。

さっそく録音してみた。基本設定は Vol:full, Treble:full, Low:full(ディフォルト)。Drive だけいじった。

https://soundcloud.com/mgng/one-control-srod-demo

  • 0:00 - bypass。ノーエフェクト。
  • 0:10 - Drive : 0。ちょっとハイがあがったような。
  • 0:21 - Drive : 9。キタ。オーバードライブ!イェス!!
  • 0:32 - Drive : 12。おお、結構歪むぞ。でもこのぐらいがちょうどいい!
  • 0:42 - Drive : 15。ちょっとファズっぽくなった。でも悪くない。
  • 0:53 - Drive : Full。ここまでくると流石にやりすぎかな…

ギターの原音残したまま素直にドライブしてくれるから変な音にならないし、その辺の思想は以前買った Anodized Brown Distortion と同じ感じがした。

ギターアンプ経由するとまた全然違うだろうから早くスタジオで試したーい!


キズパワーパッドやめた

左手薬指の汗疱が裂けまくってグチュグチュになって痛すぎてどうしようもなかったからキズパワーパッドで傷口を封じ込めたんだけど、バイ菌も一緒に封じ込めちゃったみたいで、すぐにキズパワーパッドがパンパンになって端っこから黄色いドロドロの膿が出たり、節々のリンパが痛くなって40度近い高熱が出たりしたから、貼るのをやめた。リンパ痛と高熱は関係ないかもしんないけど。

今は皮膚科でもらった薬をべっとり塗ってガーゼでぐるぐる巻きにしている。痛くないし調子がいい。

キズパワーパッドは患部の保護と治療にはいいのかもしれないけど、傷口をきちんと水で洗い流すなり消毒なりしてから貼らないとダメなんだろね…

早く治してギター弾きたい…


七五三の準備などの日記

俺の地元の七五三は結婚披露宴のような感じで行われる。ひな壇があって、司会進行がいて、そこそこの料理が出て、帰りに引き出物をもらって…といった具合。こういう七五三は多分この辺特有のものかもしんない。

今年の秋に娘の七五三が予定されているので、地元のホテルで開催中の七五三フェアに行ってきた。娘に着せるドレスを予約し、料理と引き出物に目星をつけ、ざっくりと外枠だけ固めてきた。詳細は盆明けに詰めていくっつうことだ。

ホテルを出たあたりで節々が痛くなってフラフラしてきた。どうも風邪っぽい。ノロノロ運転でなんとか実家に帰って熱を測ったら40度。40度なんて人生初かも。そのままバタンキュー。一晩寝たら平熱に戻ったけどなんだったんだろう。

昨年取り壊した工場(こうば)跡地にデカい車庫が建っていた。大きな地震が起こって母屋が倒壊してもこの車庫で生活できるように結構お金かけたとのこと。ただ金かけすぎて母屋の改修費を出せるのか微妙らしい。

おーい… ちゃんと母屋も直そうね… 俺もお金出すから…